MENU

世間ではスマホが視力低下の原因になるとよく聞きますが、非常に気になりますよね。スマホが目に悪影響を与えるのは本当です。スマホが視力低下を招く原因には3つ考えられます。

 

1)ブルーライト

 

スマホによる視力低下の原因には、目に見える光線の中で一番エネルギーが強く、目にマイナス効果を与えると言われるブルーライトの影響が挙げられます。スマホ操作が長くなるとぼやけて見えたり、画面がちらついて見えるなど網膜に悪影響を及ぼします。

 

ブルーライトの影響が蓄積されると、眼精疲労による頭痛や吐き気などを引き起こす場合もあります。

 

2)スマホ操作時の姿勢の悪さ

 

スマホの操作の際の悪い姿勢も視力低下の原因です。スマホを近くで凝視すると目の周辺筋肉が固まって、血行不良により視力低下を誘発します。

 

寝ながらの操作は、対象物までの距離が左右の目で違うことから片方の目に負担がかかり、左右の視力の差ができます。すると今度は反対の目ばかりを使うことになり、さらなる視力低下を招くことになります。

 

 

3)スマホの長時間使用

 

スマホを長時間使用することも視力低下の原因となります。長時間スマホの画面を見続けたり、睡眠時間を削ってまでスマホを操作していると、目が疲労回復する時間がありません。

 

ずっと同じ目の筋肉ばかり使うと、ピントを調整する機能が低下し、視力も落ちてしまいます。瞬きもせずに画面を見続けるとドライアイになり、やはり視力低下につながります。

 

スマホによる視力低下の原因は、スマホから出るブルーライト、操作時の姿勢の悪さ、長時間使用が挙げられます。視力低下を予防するために、スマホに夢中になりすぎないようにしましょう。