MENU

ルテインの効果とは?意外と忘れがちな副作用の話題

最近電車の中やカフェなど街中でよく使っているのを見かけるタブレット
スマホよりも画面が大きく、パソコンよりも小さいので持ち運びが便利なので利用している人が多いですね。
確かに、仕事や遊びなどいろいろなシーンで活躍してくれます。

 

でも、使っていて影響はないのでしょうか?
タブレットを使っていて起こる影響ブルーライトと視力の関係について考えてみましょう。

 

1)ブルーライトとは?

ブルーライトとはスマホ、パソコン、ゲーム機などから出る光のことです。人が見える光の中の「青色」なんので「ブルー」なのですね。この光は、紫外線にも含まれていますが、特にスマホ、タブレットから多く出ているようです。

 

そして、ブルーライトは光のエネルギー量が強いのです。

 

2)タブレットから出るブルーライトで起こりうる影響

では、そんな光を目に受け続けたらどうなるでしょうか?長時間受け続けるといつもよりもまぶしく感じたり、目の前がちらつく感じがしてきます。

 

強い光を近くから受け続けているために目に大きな負担がかかります。そのような状態では、当然視力にも大きな影響が出てきます。

 

3)その状態を続けるとさらに怖い病気に?

疲れ目でとどまっているならいいのですが、毎日、長時間使い生活を続けているともしかしたら怖い病気になるかもしれません。それが「加齢黄変性」です。

 

これは、ブルーライトが強い光の為、網膜まで達するので起こります。黄班とは、網膜の真ん中のことです。目の真ん中に影響が出るので、物が歪んで見えたり、真ん中が見えにくくなったり、当然視力も低下します。

 

「加齢」とついているため、お年寄りの病気なんじゃ?と思われるかもしれませんが近年は、スマホやタブレット、ゲーム機などの普及により
子供にも多いようです。

 

4)視力を低下させないための

では、どのようにして防いだらよいのでしょうか?最近ではブルーライトをカットするメガネが安価で売られています。それを使うのも良いでしょう。他には、画面の明るさを落してみるのもいいですね。

 

そして何より、長時間使わない。使わないといけない時は30分おきには休憩を取りましょう。画面から目を離し目を休めてくださいね。便利なタブレット、日常生活には欠かせないという方も多いと思います。

 

でも、無理をしすぎて視力を低下させてもいいことはありません。適度に使い、目を労わって楽しいタブレットライフを送ってみてはいかがでしょうか?